アコムの在籍確認で誰にもバレない審査方法とは?

アコムの在籍確認で誰にもバレない審査方法とは?

 
アコムだけでなくどの金融でも、カードローンやキャッシング審査の際に必ず通るのが、在籍確認です。

申込者の勤務先に電話連絡がいき、申込者が本当に在籍しているのかどうか、申し込みが本人からのものなのかどうかなどを確認します。

 

ここでは、懸念されがちな在籍確認について、不安を少しでも取り除ける様、確認をする理由や、事前に対処しておいた方がいいことなどをご紹介していきます。

 

キャッシング審査で在籍確認が占める重要度は?

まず、キャッシングやカードローンの審査では在籍確認が行われているのでしょうか?
勤務先への在籍確認では、申し込み内容に虚偽がないかどうかを確認すること以外にも、会社が確実に存在することや安定した収入があるといったことも確認ができるのです。

 

なぜそこまでの確認を取る必要があるのか?
それは、融資後の返済が滞りなく返済できる能力があるかどうかを見極めるためで、そこを判断するための最終チェックが在籍確認となっているのです。

 

在籍確認が行われるのはいつ?

在籍確認が行われるタイミングは、基本的に審査の最終段階だと言われています。

 

勤務先に電話をかけるというのは、申込者だけでなく金融機関にとっても負担がかかります。

 

それだけの手間と時間をかけて審査に落ちてしまうのは、それまでの手続きが全て水の泡になってしまいます。

 

それに、申込者側からすれば、在籍確認に対してかなりの心労的ストレスがかかってしまいます。

 

金融機関側の配慮で、担当者の名前のみで電話連絡があるにしても、金融機関から会社に電話がかかってくるというだけで高いハードルを感じてしまいます。

 

そのことを金融機関側も知っているため、他の審査内容がほとんど終わった時点で最終チェック項目の在籍確認をするという流れで審査を終えるところが増えています。

 

実際の電話連絡の内容で知る在籍確認

実際にあった電話連絡の内容を元に、在籍確認の例をご紹介します。

 

金融機関:「私〇〇(担当オペレーター個人名)と申します。△△様(申込者)はいらっしゃいますか?」

 

勤務会社:「はい。△△ですね。ただいま呼び出しますので、少々お待ちください。」
といった様に、担当オペレーターの個人名で電話をかけることで、金融機関であるということを知られることもなく、その後もしっかりと申込者側を配慮した対応をしてもらえます。

 

本人が電話口に出た後には、そこで初めて企業名を名乗り、本人確認をすることで電話での在籍確認が終了となります。

 

もし、会議や外出などで電話に本人が出られなくても、その会社に本人が在籍していることがわかれば問題はありません。

 

この在籍確認での重要な点は、記載された会社に本人が勤務している事実を確認することで、電話口に本人が出ることではないので安心してください。

 

在籍確認の電話をどうしてもして欲しくない方が用意すべき書類3点

キャッシング、カードローンの審査において在籍確認は外せないものですが、どうしても勤務先に電話をかけて欲しくないという方は、担当者に話をして了承をもらう必要がありますが、そのために準備しておくべき書類3点が以下になります。

 

給与明細、健康保険証、在籍証明書。

銀行であれば、勤務先からの給与振込が当該銀行口座で確認を取れる様な場合であれば、在籍確認を省くことが可能なこともあります。

 

もちろん審査の内容で異なりますが、担当者としっかり話をしておくことが重要になります。

 

審査に落ちるのが稀な理由

審査に落ちるのが不安だとしても、実際には、審査を通過できなかったというのはあまりないのです。

 

ほとんどの金融機関では、在籍確認を審査の最終チェックとして行います。ということは、その前の段階の審査項目をクリアしているということなのです。

 

在籍確認で確認が取れなかったというケース以外は、在籍確認で審査に落ちるということはないに等しいのです。

 

在籍確認が難しいときに確認すべきこと

在籍確認の際にかける番号で、代表番号経由の場合と、本人の所属部署に直接つながる場合があります。

 

本人の部署に直接つながる場合はいいのですが、代表番号経由だと電話係が申込者を知らなかったり、個人名でかかってくる電話には「こちらにはその様な方はいません」と答える規則があったり、個人宛の電話には対応しかねます。

 

という企業もあるので、注意が必要です。ご自身の会社の電話連絡がどうなのかを事前に確認をし、場合によっては金融機関の担当者に初期の段階で事情を説明し、代替措置などの相談をする様にしましょう。

 

もし、在籍確認が取れなかったと言われた時には、その様な点を確認する必要があります。

 

まとめ

キャッシングやカードローンの審査において、在籍確認というのは外せない重要な審査項目です。

 

心労的ストレスもかかる審査ですが、この項目を審査することで金融機関は信用できる人物かどうかを見極めているのです。

 

不安に思うことも多い項目ではありますが、金融機関側もその様な申込者の心情も熟知しており配慮のしてもらえます。

 

不安な点がある場合には早めに相談をする様にしましょう。