生活が苦しい母子家庭でも無利子で借入ができる国の制度があるって本当?

生活が苦しい母子家庭でも無利子で借入ができる国の制度があるって本当?

 

母子家庭の貧困が日本で問題になっています。

 

母子家庭で頑張っているお母さんは、生活費に困った時にお金を借りたくなるでしょう。

 

実は母子家庭でも無利子で借入が出来る国の制度があるのです。

 

母子家庭でも借入が出来る国の制度について解説します。

 

・国の制度に「母子父子寡婦福祉金貸付制度」というものがある

国の制度に「母子父子寡婦福祉金貸付制度」というものがあります。

 

この制度は主にひとり親世帯に向けて貸付を行う目的としており、都道府県や政令都市がサービスを提供しています。

 

連帯保証人をたてれば原則無利子になりますが、連帯保証人になってくれる人が居なくても利率を1.0%払うだけですので使える制度です。

 

・生活福祉金を利用する

社会福祉協議会の生活福祉金は、民間でお金を借りる事が出来ない人を救済する目的で作られた制度です。

 

低所得世帯の人でも利用できますので、相談に行くといいでしょう。

 

生活福祉金以外にも、教育資金の貸付など様々な制度があります。

 

・生活保護を検討する

子供がいて働きに出ることもできないという人は、貸付を受けても返せませんので生活保護を受ける事を検討してみてください。

 

貧困支援をしてくれるNPO法人に相談にいってもいいでしょう。

 

手助けしてくれる人は必ずどこかにいます。

 

母子家庭で頼れる制度は結構存在しています。

 

子どもが小さい内に働きに出る、夜寝ている間に働きに出るというのは現実的ではありませんので、生活保護などを検討しましょう。

 

無理せず、国の制度を頼るようにしてください。