在籍確認の電話は本人が出てもいいのか

在籍確認の電話連絡審査では本人が出てもよいのでしょうか?

 

在籍確認が出来なければ、カードローンを組むことは不可能になってしまいます。そのため、何か問題があって確認が出来なかったらと何かと心配になりますよね。

 

初めて在籍確認をする人にとっては、本人の確認でもいいのか?他の人の確認の方がいいのか?など、分からないことがたくさんあるのではないかと思います。

 

在籍確認をする際、申込者本人でもいいのか、という質問に対してここでお答えしますので参考にしてみてください。

 

在籍確認をする際は申込者本人が出るのが一番良い
在籍確認をする際は、申込者本人がした方がより信頼してもらえます。

 

カードローン会社は申込者本人が在籍確認した場合、正確に確認できたとして審査を先へ進めるのです。

 

申込者本人の生年月日や住所を聞いたことによって、確実に在籍確認できたとされます。

 

申込者本人から、申請されていた名前・生年月日・住所と同じものを直接正確に聞けた場合、非常に信頼性の高い在籍確認となるため、最初のカードローン審査は通過したことになります。

 

なので、在籍確認の電話にはできるだけ申込者本人が出るようにしましょう。

もし申込者本人が出れなかったらどうなるの?
在籍確認の電話には、なるべく申込者本人が出て名前・生年月日・住所を答えた方が良いですが、絶対に申込者本人が出ないと在籍確認出来ないわけではありません。

 

申込者本人の確認が取れたかどうかによって、カードローン審査が通るかどうかに影響を及ぼすわけではありません。職場の誰かが電話に出れば在籍確認されたということになります。

 

もし申込者本人が電話に出れず職場の誰かが電話に出たとすれば、その人に申込者の住所や生年月日を問うことはありません。第三者に対して個人情報を聞けば、職場の人も怪しむし、すぐに答えることも困難でしょう。

 

申込者以外の誰かが在籍確認の電話に出た場合、申込者がその職場に勤務しているかどうかを確かめて終わります。

 

もし、その職場への電話で「○○さん(申込者)はいらっしゃいますか?」という質問に対して、「この会社に○○(申込者)という者はおりません。」と答えられてしまったら、在籍確認は出来なかったことになるのです。

 

でも、「○○(申込者)は現在席を外しております。」という回答をされれば、在籍確認は完了となります。