消費者金融の審査と住所との関係

消費者金融の審査と住所との関係

 

消費者金融で調べておくべき事は大きく分けて

収入が安定しているのかどうか
今までの借り入れが有るのかどうか
借り入れを何件しているのか

と言う事ですが、合わせて些事ではではありますが、住所も調べられます。

 

それは、消費者金融の審査では

連絡をし易いか・・・

を見分けるための審査項目です。

 

消費者金融が1番懸念されるのが、貸付をした後で返済がされないという時ですが、その時に連絡がし易いという事が関わってきます。

 

住所の内容にはこの様な連絡をし易さが分かりますので、消費者金融の審査の際も必要な審査項目という事です。

 

住所から分かる連絡のし易さ
消費者金融の審査には、住所を調べる時にどの様な項目で調べているのかと言うと、1つは

 

持ち家なのか?
賃貸なのか?

この様なポイントです。住所の最後に「-205」や「-403」の様な部屋番号がある時にはマンションかアパートだという事が分かるので、引越しをし易い点で持ち家の方より引越しをし易いという事が分かります。

 

昨今では消費者金融で借り入れをしたという事だけで夜逃げする方は少ないのですが、しかしながら連絡がし易い場所に住んでいるのかいないのかは重要な点です。

 

合わせて、

マンションなのか?
アパートなのか?

の時には、分譲か賃貸かの様な点で審査確認がある所です。分譲の時にはローンの返済が必要なので、アパートと比較すると引越しのし易さが低くなるので、審査で判断も違います。

 

住所が消費者金融の審査で判断される時

 

もともと消費者金融の審査が住所によって全部が決まりません。

 

持ち家に住んでいるから消費者金融の審査に通過するとは言い切れず、返済能力を判断する際に判断基準の内の1項目でしかありません。

 

しかし、全然評価されないわけではなく、消費者金融の審査で貸付をするのかしないのかが判断に困る時に影響が出る事があるという事です。

 

たとえるなら、今までの借り入れをした件数が多い時や収入が多くないのに借り入れ申請した金額がそれ相応の金額だった時等です。

 

こう言った時には、住所の内容で貸付出来るかを見る訳ですが、前述した通り連絡がし易い、引越しのし難い住所に住んでいる方の条件のほうが審査で通り易い場合があるのです。

 

前提として審査による判断の1項目でしかないのですが、住所に関しても断じて雑にしていい項目ではないので、気をつけて下さい。