消費者金融の審査落ち?審査に通らない理由とは?

消費者金融の審査落ち?審査に通らない理由とは?

 
消費者金融の審査の理由

消費者金融は、どの様な方でも簡単に使用する事が可能なのですが、だれでも借り入れが出来るという事ではないのです。消費者金融業者からすると、貸付をした後に何事もなく返済して貰えるのかどうかが懸念される事です。

 

審査を通過するのか・・・

様々な客を相手に貸付をする事を考慮すると、返済の際に懸念する事が無いと考えられる方を融資対象にしたいのですが、その方の返済の能力を考慮する際にされるのが審査です。

 

しっかりと返済可能な方かしら・・・

申請は簡単に可能ですが、借り入れが可能なのかはその後の審査で決定されるので、借り入れを申請した時には審査に通過しない方も多いです。

 

審査を通過するのに重要な部分
収入の額

消費者金融を活用して融資を受ける為に最初に考えられる条件は、毎月の収入が安定しているのかどうかがあります。要するに、定職で働いていない方はほとんど審査を通過する事はありません。

 

失業中はダメです

定職がない人でも、失業保険を受けている人等は毎月決まった収入がある状態とうい方もいるかもしれませんが、この様な方は安定収入と考えられていません。あわせて、消費者金融は総量規制が採用されるので

 

年収の3分の1が融資出来る限度額です

から、借り入れが可能な金額に関しては年収の金額で決定されます。

 

今までの融資の金額

消費者金融は総量規制で借り入れが出来る枠内ならば他の業者から融資をして貰っている時でも借り入れ申請が可能です。

 

反対に言うと

総量規制で決められている限度額にもう達してしまっている時には・・・

新しく消費者金融で融資をして貰えません。合わせて、限度額まで借り入れしていない場合でも今までの返済の状況次第では借り入れが出来ない場合もあります。

 

今の年収と今までの融資の残高の割合が悪い時には審査に通過しない場合がある事を覚えておいて下さい。

 

今の勤務先での勤続期間

消費者金融では申請者の信用度も返済能力を考えるなかで大切な点でだと言えます。信用度の違いになるのが今の勤務先の勤続期間になりますが、この点はなるべく長く働いている事が返済能力は低くないと考えて貰い易くなります。

 

転職してすぐなんだけど・・・

消費者金融の審査での勤続期間では、最短でも1年以上の勤続期間がある方が良く、なるべく長期間変わらない勤務先で仕事をしている状態の方が審査でも高評価になります。